ウーバーの空飛ぶタクシー、実用化は近いか

2019年6月16日 22:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 米国の首都ワシントンで「Uber Elevate Summit 2019」が開催されていた。空飛ぶタクシー「Uber Air」はロサンゼルス、ダラス、メルボルンで試験運用を2020年に開始し、2023年の商業運航開始予定だという(DG Lab Hausの記事JBpressの記事The Vergeの記事Mashableの記事)。

 Uber Airは垂直離着陸可能な電動小型航空機(eVTOL)を使用し、定員は乗員1名、乗客4名。将来的には自律飛行を目指す。相乗り型サービスは地上のUberXと同等の料金になることが見込まれている(ホワイトペーパー: PDF)。Uber Elevateサイトにはイメージ画像や動画も掲載されている。動画は2017年に公開されたものだが、機体のデザインに大きな違いはないようだ。なお、米連邦航空局(FAA)では、イノベーションは大歓迎だが都市環境で安全に提供できる場合に限る、とツイートしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ビジネス | IT | 交通

 関連ストーリー:
ボーイング、自動運転による「空飛ぶタクシー」試験飛行(約1分)に成功 2019年01月29日
空のuberと地中のループ 2018年05月23日
Uber、「空飛ぶタクシー」のプロトタイプを公開 2018年05月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUber

広告