「鈴木敏夫とジブリ展」長崎・ハウステンボス美術館で

2019年6月16日 21:35

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スタジオジブリの展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」が、2019年7月13日(土)から9月23日(月)まで、長崎・ハウステンボス美術館にて開催される。

■鈴木敏夫の“言葉”にフォーカス

 「鈴木敏夫とジブリ展」はジブリ作品の数々を手掛けてきた、スタジオジブリの敏腕プロデューサー・鈴木敏夫の“言葉”にフォーカスを当てた展覧会。2017年に広島・筆の里工房、2018年に名古屋・松坂屋美術館と金沢・金沢21世紀美術館で開催された「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」をベースに、パワーアップさせた内容となる。

なお東京では、2019年4月から5月にかけて神田明神 EDOCCOにて開催され、人気を博した。

■鈴木が描き下ろした書やイラストを展示

 鈴木敏夫は、作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を汲み、作品と真摯に向き合い、その本質を「言葉」にして伝えてきた。『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』、そして『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』まで、鈴木が高畑勲、宮崎駿と出会って40年。会場では、その原点から現在までを、鈴木が書き下ろした書や、イラスト、ポスターなどの作品資料などを通して紐解いていく。

■“湯屋”や“湯婆婆と銭婆”の立体モチーフも展示

 『千と千尋の神隠し』に登場する“湯屋”の高さ3mの巨大立体模型など、立体的なモチーフにも注目。「湯婆婆と銭婆の"開運・恋愛"おみくじ」は、湯婆婆と銭婆が来場者の様々な悩みにアドバイスをくれるというもの。3メートルにも及ぶ超巨大“湯婆婆と銭婆”の口の中にある札を引っ張ると、2人からのメッセージが。その後は、札に描かれた番号のおみくじを棚から持ち帰ることができる。

【詳細】
鈴木敏夫とジブリ展
期間:2019年7月13日(土)~9月23日(月)
会場:パレス ハウステンボス内 ハウステンボス美術館
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
時間:9:00~21:00 ※日によって変更あり。詳細は公式WEBサイトを確認。
料金:
・各パスポート持参者 無料
※1DAY パスポート、ムーンライト4パスポート、アフター5パスポート、VIPプレミアパスポート、年間パスポート
・散策チケット持参者 大人800円 中人700円 小人・未就学児500円
・ハーバーゾーンのみの入場者 大人1,600円 中人1,400円 小人・未就学児1,000円
※ハーバーゾーン入場料(別途) 大人・中人1,000円 小人・未就学児500円

【問い合わせ先】
ハウステンボス総合案内(ナビダイヤル)
TEL:0570-064-110

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスタジオジブリ風の谷のナウシカハウステンボスムーンライト鈴木敏夫高畑勲

広告

財経アクセスランキング