なでしこジャパン、スコットランドに2-1で勝利 女子サッカーW杯第2戦

2019年6月15日 08:50

小

中

大

印刷

 14日、フランス・ロアゾンパルクで女子ワールドカップグループステージ第2戦が行われ、グループDの日本はスコットランドに2-1で勝利した。

 第1戦のアルゼンチン戦をスコアレスドローで終えた日本は、試合開始直後から積極的にゴール前に攻め込む。すると前半で2点を先行する優位な展開となり、後半の反撃を終了間際の1点に押さえて逃げ切った。この結果、日本は勝ち点を4とし、第3戦の強豪イングランド戦を前にしてグループステージ突破に前進した。

 前半23分、日本はスコットランドDFのクリアが小さくなったところを遠藤純が拾ってPA内の岩渕真奈に渡す。岩渕はGK頭上を打ち抜く無回転シュートを決め先制する。前半36分、清水梨紗の右サイドからのロングボールに反応した菅澤優衣香がPA内に走り込んだところをDFが手で倒しPKを得る。キッカーの菅澤はこれを冷静にゴール右隅に流し込んで追加点を奪う。

 後半13分、日本は中島依美が右サイドをドリブルで駆け上がり、PA手前からゴール隅にシュートを放つもGKにスーパーセーブされる。後半43分、スコットランドはパスミスを拾ったラナ・クレランドがPA手前からそのまま放ったシュートが決まり1点を返す。スコットランドは残り時間が少ない中、同点に追いつこうとするが、日本が落ち着いて試合を終了させた。

関連キーワードサッカーワールドカップ(W杯)

広告

財経アクセスランキング