富士フイルム、販売終了した白黒フィルムを新開発し販売再開

2019年6月12日 20:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 昨年4月、富士フイルムが写真用白黒フィルム製品の販売を終了するという話があったが、同社が新開発の白黒フィルムの販売を今秋より開始すると発表した(朝日新聞)。

 富士フイルムの白黒フィルムは需要の減少とそれに伴う原材料の調達困難化という理由で販売が終了されたが、写真愛好家だけでなく、SNSを利用する若年層からも販売再開の要望が多数あったという。

 新製品名は「ネオパン100 アクロスⅡ」で、原材料の一部を見直し、以前の製品より明るさの濃淡をよりはっきりさせたそうだ。種類は、「135サイズ(35ミリサイズ) 36枚撮り」と「120サイズ(ブローニーサイズ) 12枚撮り」の2つを予定していて、価格はいずれも未定。

 何はともあれ、国内メーカーの白黒フィルム復活は喜ばしい事だろう。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
写真弘社、モノクロフィルムの取り扱いを拡充 2018年04月21日
富士フイルム、写真用白黒フィルム製品の販売を終了へ 2018年04月03日
戦前コニカ製の機関銃カメラがeBayに出品 2018年01月26日
フィルム写真人気、再燃? 2015年09月15日
映画業界でもフィルム離れ、フィルム現像所DeLuxeがハリウッドの現像所閉鎖を発表 2014年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士フイルム

広告

財経アクセスランキング