ライフ RSS

 

良い副業は、ネットで検索しても出会えない

2019年6月10日 08:24

小

中

大

印刷

 普通のサラリーマンにも少しずつ身近になってきた「副業」。とりあえず何か副業をはじめたいと思う人は、きっとインターネットで「副業 稼げる」や「副業 おすすめ」などで検索をする人が多いだろう。しかしこの方法では、なかなか自分に合った稼げる副業に出会うことは出来ない。

【こちらも】副業選びの鉄則3か条 理想の副業生活のために

●インターネット上の情報は、意図があって作成されている

 検索をして出てきたまとめページを読んで、参考に出来ることはあるかもしれない。しかし、そのまま鵜呑みにするのではなく、あくまでも「参考」で留めておくのがよい。インターネット上の情報は、作成者側に必ず「意図」があって作られている。例えば、自らが提供している商材に誘導するためや、自らのブログに掲載しているアフィリエイトのクリック数や契約数を増やすためなどだ。

●試しにTwitter等のSNSで「副業」などのキーワードで検索をかけると…

 実際にTwitterで「副業」で検索してみると、「スマホ1つで稼げる時代です!気軽にご連絡ください!」「今のバイト・本業の収入に満足できていますか?」といった、怪しい誘い文句が次々と出てくる。

 「今日は副業の○○でしっかり稼げたから、高級寿司屋に来ました!」など、日常をアップしている記事に出会えることもあるが、ここで気を抜いてはいけない。このアカウントのプロフィールをしっかりみていると、「はじめた副業で貯金もしっかり出来ました!その方法はコチラ→」といった形で別サイトへ誘導される。

●自分に合った良い副業には、どうやって出会えるのか?

 本当に自分に合う副業は、今自分の手元にある資金・資本・スキルなどを用いることで稼ぐことが出来るものだろう。不動産を持て余していれば、賃貸にだしたり民泊ビジネスを検討したりしてもよい。デザインやプログラミングなどを本業にしている人は、そのスキルを渇望している企業の外注先になるのもよいだろう。営業が得意な人であれば、その営業力や人脈を活用できる「リファラル営業プラットフォーム」も現在広く認知されてきている。

 自分の持ちうる武器をしっかり考え、どのようにしたらマネタイズが出来るかを考えて行動することが、良い副業選びへとつながるだろう。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワードTwitter副業