自動運転は安全なのか? AIではないコンピュータ制御とメカニカル装置との整合性

2019年6月5日 18:48

小

中

大

印刷

 6月1日、横浜市の「横浜シーサイドライン」新杉田駅で、折り返し運転するはずの列車が逆方向に走行し、車止めに衝突した。衝突時の時速は20km/h程度と見られる。

【こちらも】無人運転のシーサイドライン、始発駅で逆走して車止めに衝突

 「ATO(列車自動運転装置)」と呼ばれる装置で、中央指令室とのデータのやり取りは正常であったと見られているが、車両側のモーター駆動部で逆転がなされていなかったようだ。原因は、未だ明白にはなっていない。4日午前11時より、有人運転で運転再開となった。110名の社員の内65名が免許を持っており運転できるということだ。

 「横浜シーサイドライン」は基本的に自動運転であるが、(1)運転士と車掌が乗務する形態(ツーマンATO運転)、(2)運転士が1人(ワンマンATO運転)、(3)添乗員(ドライバーレスATO運転)、(4)誰も乗務しない(無人運転)などに区分されている。高架、トンネルなどで完全分離された専用線路とし、さらに線路に人を侵入させないようにプラットホームドアを設備している路線に限って、無人運転の導入が認められている。まだまだ特殊な路線である。

 この「自動運転」とは、今話題の自動車の自動運転とは違い、AIを使っている訳ではない。「ATO(列車自動運転装置)」は鉄道路線のように専用路線であることで、制御がかなり簡素であるのだ。そのため今回の逆走のような事態で、車止めに向かっている時でさえ、車両本体では正常な方向であると認識しており、画像やミリ波レーダーなどで障害物を発見して制御している訳ではない。

 「無人運転は怖い」と思いがちだが、実際には事故率は有人運転より少ないと思われる。しかしこれから自動車の自動運転でも現れるはずだが、「新しいタイプの事故」が考えられる。人為的ミスを防ぐには力強いAIだが、プログラムのミスや、今回の事故で予測されているハード側とのつながりでは、新しいAIとしてのミスが発生することが考えられる。

 ソフトシステムだけで、実際に人を運べる列車が出来ている訳でもない。ハードとソフトのつなぎ部分が懸念されている。今後は制御ソフトエラーと実際の運転エラーとは、機械的ミスとも重なってくると考えられる。これからが本番だ。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワード自動運転

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース