ソニー、スタートアップ立ち上げ支援の無料サービス「StartDash」を公開

2019年6月4日 12:09

小

中

大

印刷

 ソニーがスタートアップの立ち上げを支援するPC向け無料サービス「StartDash(スタートダッシュ)」を公開した。これは企業を志す個人や、新規事業を立ち上げたい組織などが対象のサービスだ。アプリケーションからチェックリスト形式の質問に答えるだけで事業計画書を作成できる。

【こちらも】第2第3の「五反田バレー」出現に期待!

 公式サイトには3分でできる「簡易診断」があり、「はい」か「いいえ」で簡単な診断を行える。質問内容は「商品・サービスのアイデアがありますか?」から始まり、ビジネスモデルがあるかどうか、市場規模は調査したかといった基本的なものだ。簡易診断結果では、自分の現在の事業フェーズがどこにあるかを3段階で表示。さらに強み/弱みを5つの項目で評価し、具体的に何をすればいいかがコメントで表示される。

 StartDashに無料登録すると、簡易診断の内容をさらに詳しく掘り下げたフローチャートが出てくる。新規事業に何が必要かを段階的にまとめてくれるため、漠然としたアイデアしかなくとも使って見る価値は十分にある。

 StartDashはソニーが2014年に開始した、新規事業運営の支援サービス「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」を元に開発されている。SSAPでは国内外で750件の新企業を審査し、34件を育成、14個の事業を立ち上げた。スタートアップに共通する課題を解決策してきたノウハウを体系的にまとめ、今回のStartDashに応用している。

 サービスは無料で使えるが、有料でSSAPの専門家から事業化に関するアドバイスを得ることも可能だ。チェックリストを元にエントリーシートを作成するだけのため、専門家の意見が欲しい場合は相談してみよう。

関連キーワードソニースタートアップ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース