JR東、「Suicaインターネットサービス」を終了へ

2019年6月3日 23:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JR東日本が、2019年8月よりPCやiOS端末からSuicaへのチャージをなどを行える「Suicaインターネットサービス」の提供を順次終了すると発表した

 まず2019年8月〜2020年5月の間でSuicaを使ったネット決済を終了し、続いて2020年9月にはSuicaへのチャージなどの機能を終了する。2021年2月頃までには利用履歴や明細表示などのサービスも終了するとのこと。JR東日本ではモバイルSuicaへの移行を促している。

 Suicaインターネットサービスでは、「PaSopRi」などのPC向けFeliCaリーダーを使ってSuicaへのチャージやSuicaを使った決済を提供していた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
JR東日本、導入費用が安い簡易版Suicaを早ければ2019年度中にも導入へ 2019年02月07日
みずほ銀行、iPhone向けに「Mizuho Suica」をリリース 2018年08月08日
Android PayがSuicaとWAONに対応 2018年05月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本FeliCaSuica

広告

財経アクセスランキング