Microsoft、Windows 10のMicrosoft StoreでWin32ゲーム提供を計画

2019年6月3日 09:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftのゲーミング担当エグゼクティブバイスプレジデントのフィル・スペンサー氏は5月30日、ネイティブWin32ゲームをWindows 10のMicrosoft Storeでフルサポートする計画を明らかにした(Xbox Wireの記事On MSFTの記事Softpediaの記事)。

この計画はPCゲーミングに関する3つの計画の1つとして発表された。あとの2つは、厳選された100本以上のPCゲームタイトルを無制限で利用可能なXbox Game Pass for PCの提供と、Xbox Game StudioのPCゲームタイトルをMicrosoft StoreだけでなくSteamなど複数のストアで同時に提供する計画だ。

Microsoft StoreでWin32ゲームをサポートすることについて、スペンサー氏はWindows 10をクリエイターが最高のコンテンツを提供し、ゲーマーが次のお気に入りゲームを見つける場所にしたいと述べたうえで、Win32はゲーム開発者とゲーマーの両方に好まれるアプリケーションフォーマットであることを理由に挙げている。これにより、開発者とゲーマーの両方がオープンなWindowsゲーミングエコシステムに期待するカスタマイズやコントロールが可能になるとのこと。

Microsoft StoreではUWP化されたWindows標準アプリOffice 2016が入手できなくなっており、UWP化してMicrosoft Storeで提供する計画が発表されていたペイントも当面はWin32アプリとしてWindows 10に残ることになるなど、UWPアプリが成功しているとはいいがたい状況だ。The VergeのTom Warren氏はMicrosoftのUWPアプリの夢が終わったと述べているが、複数の開発者からは反論も出ている。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | マイクロソフト | Windows | ゲーム | デベロッパー

 関連ストーリー:
Office 2016アプリ、Microsoft Storeからの直接インストールが不可に 2019年05月06日
Microsoft、当面は「ペイント」をWindows 10から削除しないと明言 2019年04月27日
Windows 10 Fall Creators Updateで削除される機能が公表される。ペイントは「非推奨」となりWindowsストアで提供 2017年07月26日
UWPアプリ化したWindows標準アクセサリアプリがインストール可能に 2016年06月27日
Microsoft、PCとXbox Oneプラットフォームを統一すると発表 2016年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

広告