ウォズが組み立てたブリーフケース入りApple I、5千万円以上で落札

2019年5月29日 20:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Appleの共同設立者の1人であるスティーブ・ウォズニアク氏が自身の手で組み立てたというAppleのマイコン「Apple I」がオークションにかけられ、37万1260ポンド(5,156万円)で落札されたそうだ(TechCrunch)。

 Apple IはCPUやメモリが実装された基板の形で販売され、購入者はケースやキーボード、トランスなどを自前で準備しなければならなかった。今回落札されたApple Iはブリーフケースを改造したものが筐体として使われており、キーボードも組み込まれているようだ。マニュアルやドットマトリクスプリンター、ディスプレイとして使用できる小型テレビ、カセットテープレコーダーなども付属するという。

 なお、2010年にもApple Iがオークションに出品されたが、こちらの落札価格は約1800万円だった(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップル

 関連ストーリー:
Appleの製品名はすべて単複同形? 2016年05月01日
Apple ][のDOSのソースコードが公開される 2013年11月15日
ウォズ、ジョブズを描いた映画に対し不満を示す 2013年08月21日
Apple Iが21万ドルで落札、4年前の3倍 2010年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース