五輪会場、観客は録画・録音できるがSNSなどへの投稿は禁止

2019年5月28日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2020年の東京五輪では、観客が撮影した動画をSNSに投稿することがチケット購入の際の規約で禁じられているという(朝日新聞)。

 チケット購入・利用規約では、「会場内において、写真、動画を撮影し、音声を録音することができます」とされているものの、「チケット保有者は、これらのコンテンツについて保有する一切の権利(著作権法第27条および第28条の権利を含みます。)をIOCに移転するとともに、その著作者人格権を行使しないことに同意します」とされており、撮影したものをSNSに投稿することは著作権侵害になるという(Yahoo!ニュース)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権 | スポーツ

 関連ストーリー:
寺院が秘仏などの写真を無断使用した写真家を訴えていた裁判、寺院らの主張が認められる 2018年06月27日
知財高裁、写真のリツイートに対し一部が見切れることから著作者人格権侵害との判断を下す 2018年06月14日
カラオケを歌う様子を撮影した動画をYouTubeにアップロードすると著作権侵害になる可能性がある 2017年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害

関連記事