モスバーガー、JALとコラボの「AIR MOS」第9弾はテリヤキバーガー

2019年5月28日 21:26

小

中

大

印刷

「AIR MOS テリヤキバーガー」(写真:モスフードサービスの発表資料より)

「AIR MOS テリヤキバーガー」(写真:モスフードサービスの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「AIR MOS テリヤキバーガー」(写真:モスフードサービスの発表資料より)

■「AIR MOS テリヤキバーガー」提供

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは28日、日本航空(JAL)とコラボしている「AIR MOS シリーズ」の9回目となる商品として、「AIR MOS テリヤキバーガー」を、6月1日から8月31日までの期間限定で提供すると発表した。モスバーガー創業以来の人気の商品「テリヤキバーガー」をアレンジし、JAL機内食「AIRシリーズ」として、一部を除く国際線欧米豪路線で提供する。

【こちらも】モスバーガー、タイの事業を拡大へ 5年で5倍超への出店目指す

■JAL仕様のテリヤキバーガー

 1973年に登場した定番の人気商品「テリヤキバーガー」を、オリジナル仕様としている。機内専用に作られたハンバーガーパティに、味噌と醤油によるオリジナルテリヤキソースを使用。店舗と同じく低農薬や低化学肥料で育てた国産レタスの上に、たっぷりとマヨネーズを置いた和風のハンバーガーとなっている。

 サイドメニューには、東ハトの「ポテコ」をJAL限定のオリジナルパッケージで提供。

 商品のパッケージや、商品を置くトレーマット、食べかたなどを記載した冊子のリーフレットは、全てJALの飛行機と「AIR MOS」のロゴを記載している。

■提供路線は

 提供する路線は、成田発ではシカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルなどの便、羽田発では、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリの便、関西国際空港発では、ロサンゼルス便となる。プレミアムエコノミーとエコノミークラスで、到着前の2回目の機内食として提供される。

■「AIR MOS シリーズ」とは

 モスフードサービスは、2011年よりJALとコラボし、JALの機内食として「AIR MOS」シリーズを提供している。1回目は、今回と同じく「テリヤキバーガー」を、2回目以降は、「焼肉ライスバーガー」、「テリヤキたまごバーガー」、「モス野菜バーガー」、「クリームテリヤキチーズバーガー」などが登場している。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーション日本航空ハンバーガーモスフードサービス

広告