失敗を恐れる若者たち 仕事上の不安は絶ち切れるのか

2019年5月28日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日本能率協会は新入社員向け公開教育セミナーの参加者を対象にして仕事に関するアンケートを行った。現代の若者には仕事上の失敗を恐れている傾向が見られる。

日本能率協会は新入社員向け公開教育セミナーの参加者を対象にして仕事に関するアンケートを行った。現代の若者には仕事上の失敗を恐れている傾向が見られる。[写真拡大]

写真の拡大

 最近の若者は昔に比べて向上心がない。やる気がなくなった、覇気がなくなった、忍耐力もなくなってきている。こういった厳しい指摘を人生の先輩から受ける事は、どの時代の若者であっても多くが経験することだろう。平成から令和に変わった現代の若者も同様である。前の世代と自分を比べ、劣等感を抱いてしまうこともあるはずだ。上手くやれるのだろうかと言う不安を自分の中に溜め込みながら、日々の仕事をこなしている若い世代も少なくないのかもしれない。

 日本能率協会では、新入社員向け公開教育セミナー参加者に対して平成最後の新入社員像に関するアンケート調査を実施した。仕事をしていくうえで不安に思う事を質問した結果、43.0%で同率1位となった回答は「仕事での失敗やミス」、「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」であった。

 新人がミスをするのは当たり前だと考えている上司や先輩は多いだろう。しかし現代の若者は、ミスを犯してしまう事に対して非常に大きな恐怖感を持っている。とは言え失敗を恐れるがゆえに挑戦を放棄する訳ではない。仕事をしていくうえで強化したいと思う点に関するアンケートには、「チャレンジ精神」という回答が第4位に来ていた。同質問に対する上位3位の回答は、上から「コミュニケーション力」「業務上必要な専門知識・技術」「ビジネスマナー」となった。上司や先輩と失礼のないコミュニケーションを図りながら知識や技術を磨き上げ、新しいことにも挑戦していきたいと思う気持ちの表れかもしれない。失敗を恐れる若者達は、生真面目な熱意を持っている人が多いとも考えられるだろう。

 仕事上の失敗はたとえ新人ではなくとも起こり得る。しかし失敗に対する不安をどれだけ自分の糧にできるかにより、確かな実力を身に着けながら成長していく事が可能だ。今回のアンケートでは人事担当や上司に対しても聞き取りを行ったが、働くうえでの不安を調査したところ、「新人の失敗やミス」は上位回答から漏れて7位という結果となった。部下を管理している上司は、新人の失敗をある程度考慮したうえで業務上の指示を出すだろう。新人は失敗ばかりを恐れず、上司は新人をフォローしながら、挑戦できる職場環境を作っていく事が重要かもしれない。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
「起業に興味あり」4割。「飲食」「IT系」が人気。自己実現型が増加傾向
止まらない大工不足問題。地域ビルダーが変われば、 家づくりも変わる?
そのセリフは聞きたくない 仕事のモチベーション低下を招く先輩からの一言とは

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース