Windows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される

2019年5月27日 21:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)の配信が5月21日より段階的に開始されたが(過去記事)、いくつかの不具合も確認されているようだ(窓の杜続報)。不具合が発生する可能性のある環境に対しては配信停止措置が取られているため、手動インストールを行わない限り問題が表面化することはないようだが、手動でのアップデートを行う際には注意が必要とのこと。

 ディスプレイの明るさを調整できない、Dolby Atmos関連ライセンスの認証の不具合、特定の条件でユーザープロファイルディレクトリに空のフォルダが作成される、といった問題が発見されているという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | Windows

 関連ストーリー:
Windows 10 May 2019 Update、段階的な一般提供開始 2019年05月25日
Windows 10 May 2019 Updateの「ペイント」ではキーボード操作で描画可能に 2019年05月18日
Windows 10 19H2はどこに行った? 2019年05月11日
Windows 10 May 2019 Update、エクスプローラーの「日常的な日時表現」は非搭載に 2019年05月04日
Windows 10 May 2019 Update、外部ストレージが接続された状態では適用できない 2019年04月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース