UNESCO、女性声のAIアシスタントは性差別を助長する

2019年5月27日 22:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 「Siri」や「アレクサ」など各社がしのぎを削るいわゆるAIアシスタントだが、これらの初期設定では女性の応答音声が使われている。これについて、国連教育科学文化機関 (UNESCO) が性差別を助長するとの報告書を出したとのこと(報告書CNNMIT Technology Review)。

 報告書によれば、ほとんどのAIアシスタント製品には「若い女性」の音声が用いられており、これが女性が従順なお手伝いさんで主人を助ける存在であるという概念を固定するとのこと。また、AIアシスタントは性虐待的な言葉を浴びせられても丁寧な言葉を返すことも、女性が不当な扱いを我慢する偏見を助長させるとしている。こうした点を解決するため、報告書ではAIアシスタントの初期設定をジェンダーレスにすべきと求めている。

 なお、これらAIアシスタント製品にいずれも女性の声が採用されているのは、性差別だからではなく、男女ともに女性の声の方が受け入れやすいという研究結果がでているためだという(過去記事2017年のGIGAZINEの記事)。

 スラドのコメントを読む | 人工知能

 関連ストーリー:
米民主党、IT企業が偏向したアルゴリズムを利用することを防ぐ法案を提出 2019年04月17日
Twitter、トランスジェンダーの人を元の性別や名前で呼ぶことを禁止 2018年12月02日
中国大手IT企業、男性のみを募集したり容姿を要件とする求人広告を出していたとして批判を受ける 2018年04月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSiri

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース