ChromiumベースのMicrosoft Edge for macOS、プレビュービルドが提供開始

2019年5月24日 20:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Microsoftは20日、ChromiumベースのMicrosoft Edge for macOSプレビュービルドをCanary Channelで提供開始した(Microsoft Edge Blogダウンロードページ)。

 Microsoft Edge for macOSではWindows版と同様の新しいブラウジングエクスペリエンスを提供しつつ違和感なくmacOS上で使用できるよう、フォントやメニューなどを含むユーザーインターフェイスの変更が行われているという。また、Touch Barやトラックパッドのジェスチャーによるナビゲーションなど、Mac独自のハードウェア機能も活用できるようになっているとのこと。Microsoftでは今後のリリースでルック&フィールの改善を行うため、フィードバックの送信も呼び掛けている。

 Microsoft Edge for macOSはmacOS 10.12以降に対応し、Microsoft Edge Insiderサイトのダウンロードページから入手可能だ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | マイクロソフト | MacOSX | インターネット | Chromium | IT

 関連ストーリー:
Microsoft、技術イベント「Build 2019」でさまざまな発表を行う 2019年05月07日
Google Docs、ChromiumベースのEdgeにサポートが終了したバージョンだと表示 2019年05月03日
Google、ビデオ会議サービス「Meet」でChromiumベースのMicrosoft Edgeをブロックか? 2019年04月30日
Chromiumベースの新Microsoft Edgeは接続先に応じて別のブラウザに偽装する 2019年04月23日
ChromiumベースのMicrosoft Edge、IEタブの表示に対応か 2019年03月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsMacMicrosoft EdgeChromium

広告