太陽光発電電力を温水器の湯沸かしに利用する実験 四国電力など

2019年5月24日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

kitune-san曰く、 四国電力株式会社ならびに株式会社四国総合研究所は、家庭に設置された電気給湯器の湯沸かし運転に太陽光発電電力を用いる遠隔制御実証試験を実施することを発表した。(プレスリリース

 これまでは家庭の湯沸かしを深夜に行っていたが、これを遠隔操作によって昼間に移動することで太陽光発電電力の有効活用と電力の需給運用安定化を目的としているとのこと。

 以前話題になったように最近は再生可能エネルギーの発電比率が増えており、昼間の余剰電力が問題となっているようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力

 関連ストーリー:
家庭用エコキュートのピークシフトで対価が貰えるサービス、中部電力が開始へ 2018年12月04日
九州電力管内、電力需要減少で太陽光発電などに対し出力制御を求める可能性 2018年10月11日
雷エネルギー蓄電-これがホントの雷電ビン? 2009年01月07日
「発電する熱交換器」用パイプ 2006年06月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード四国電力太陽光発電

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース