Mozilla、令和に対応したFirefox 67.0などをリリース

2019年5月23日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 5月21日、Firefox 67.0がリリースされた。新機能として、仮想通貨の採掘(マイニング)やデジタル指紋による追跡をブロックする機能が導入されている(リリースノートOSDN Magazine)。

 合わせて、Firefox ESRもバージョン60.7.0およびThunderbird 60.7.0もリリースされた(Firefox ESR 60.7.0のリリースノートThunderbird 60.7.0のリリースノート)。

 これらでは日本の新元号である「令和」のサポートも導入されている(Bugzilla)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | IT

 関連ストーリー:
Mozilla、拡張機能全滅問題に対応する旧バージョンFirefox向け修正を拡張機能としてリリース 2019年05月18日
Mozilla、Firefoxの拡張機能全滅問題の修正時に収集したテレメトリーデータをすべて削除する計画 2019年05月11日
Firefox 66.0.4 リリース、拡張機能全滅問題を修正 2019年05月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFirefoxMozillaThunderbird