ハトラ、2019-20年秋冬コレクション発表

2019年5月22日 22:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ハトラ(HATRA)は、2019-20年秋冬コレクションを発表した。

■白・黒分けられない“谷の形”

 “Shape of valley”=「谷の形」をテーマに、白・黒に分けることのできない領域を“谷”に見立てた今季のコレクション。メインカラーは、“中庸”を表すグレーだ。光や織り交ぜられた色の構成によって、柔軟に表情を変えていくグレーは、豊かな多様性を内在させる色。加工や生地の質感と組み合わせられることで、グレーの定義はどんどん広がりを見せていく。

■多様性を孕むグレー

 顔料をあしらったチャコールのコートやビスチェは、生地の部分によって色や質感が異なる、風合い豊かな仕上がり。生地のハリを生かした立体的なパターンメイキングで仕立てられている。白に近い、淡い色味のブラウス、光を通し、ベージュのような温かみのあるストールやスカート、低温なアイスグレーのダッフルコートなど、様々なグレーに彩られたウェアが揃う。

■分類から逃れる身軽さ

 流れるようなドレープを描くパンツにはドローコードを配し、厚みのあるリネンファーのコートは所々プレーンな生地で切り替え。また、身体に馴染むようなシルエットで仕立てたロングコートは、前を閉めて着るとフラットになり、開けると襟の開きにボリューム感が出る。いずれのアイテムも、グレーの色味だけでなく、形や質感も含め、どのカテゴライズからも逃れるような身軽なバランスを保っていることが見て取れる。

■パーカーの中立性

 ハトラのアイコニックなアイテムである「パーカー」もまた、ニュートラルな存在として位置づけられるだろう。レイヤードしたスカート、ホワイトのブラウスに組み合わせられたパーカーは、センシュアルな繊細さを備え、ビスチェにプリーツスカート、キャップのコーディネートに羽織ったパーカーはアクティブなムードを見せる。

■客観視される“目”

 プリントシャツや、起毛感のある抽象的な柄のトップスなど、繰り返し登場する“目”のモチーフも象徴的。カラフルな等高線のプリントは、実際の角膜の厚みをスキャンして作られたものだ。色の寒暖で図形化された角膜は、生命の一部を俯瞰で見ているような、不思議な感覚をもたらす。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードハトラ(HATRA)

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース