NY原油:小幅反落で62.99ドル、需給めぐる思惑で売り買い交錯気味に

2019年5月22日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY原油:小幅反落で62.99ドル、需給めぐる思惑で売り買い交錯気味に
NY原油先物は小幅反落(NYMEX原油6月限終値:62.99↓0.11)。62.75ドルから63.21ドルで上下した。米国とイランの対立にともなう中東緊張による供給不安思惑や、米中通商摩擦の懸念緩和による需要回復期待が買いにつながった。一方、経済協力開発機構(OECD)が2019年の世界成長率をまた引き下げたことを受けて、需要後退懸念による売りも強まったとみられる。6月限は本日が最終取引。明日から取引の中心となる7月限は、前日比0.08ドル安の63.13ドルで引けた。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース