JAL、「ミニオンジェット2」を5月31日より国内線に就航

2019年5月21日 14:13

小

中

大

印刷

特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)

特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 機内品の紙コップ。イラストは全6種類
  • 搭乗プレゼントの「搭乗証明シール」※無くなり次第配布は終了

 日本航空(JAL)とユー・エス・ジェイは20日、特別塗装機「ミニオンジェット2」を5月31日より国内線に就航させると発表した。

【こちらも】JAL、20年元旦にハワイで「初日の出フライト」 ジャルパック55周年企画で

 JALがユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に登場する「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」に協賛して3年目を迎えることを記念し、就航させるもの。前回2017年の「ミニオンジェット」をバーッジョンアップさせ、機体にはミニオンたちの様子が特別塗装で描かれている。機内では、「ミニオン」のぬいぐるみが出迎え、ミニオンをデザインした紙コップが使われるほか、「搭乗証明シール」も配布される。

 「JALミニオンジェット2」は5月31日から2020年6月頃まで就航の予定で、初便はJL2247便となり、大阪(伊丹)発14:20、新潟着15:20を予定している。

 また就航記念キャンペーンも予定している。5月31日から8月31日の期間に伊丹発の対象路線に2回以上搭乗して登録すると、抽選の応募資格が得られる。抽選の賞品には「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ユニバーサル年間パス」や「1デイ・スタジオ・パス」などが用意されている。

 USJはハリウッド映画の世界を体験できるテーマパークとして、2001年3月31日に大阪市此花区にオープンした。設立当初は大阪府が出資していたが、現在は民間の経営になっている。

 ユニバーサル・スタジオ社のテーマパークとしては、「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」、「ユニバーサル・スタジオ・オーランド・リゾート」に次ぐ3番目であり、アメリカ国外では最初のテーマパークである。

 USJは園内のミニオン・パークにおいて、ミニオンのイベントを開催している。「ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング」、「ミニオン・ハチャメチャ・アイス」そして「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」だ。

 「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」は、巨大ドームスクリーンにミニオンたちが巻き越す、ハチャメチャ大騒動の臨場感あふれる映像が映し出される。この臨場感をさらにアップさせるのが「座席」だ。映像に合わせて座席が揺れる仕組みなっているのだ。所用時間は約25分、定員は8名。(記事:kan1713・記事一覧を見る

関連キーワードユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)日本航空

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース