(中国)上海総合指数は0.26%安でスタート、米中貿易問題の混迷化などが圧迫材料

2019年5月20日 10:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:39JST (中国)上海総合指数は0.26%安でスタート、米中貿易問題の混迷化などが圧迫材料
20日の上海総合指数は売り先行。前日比0.26%安の2874.80ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時35分現在、0.53%安の2867.04ptで推移している。米中貿易問題の混迷化が引き続き足かせに。中国政府が米国との協議再開に消極的な姿勢を示した。また、元安進行も中国株の圧迫材料となっている。《AN》

広告