ライフ RSS

 

ノバルティスの白血病治療新薬「キムリア」、保険適用に 1回分で3349万円

2019年5月16日 21:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 厚生労働省が、ノバルティスの白血病新薬「キムリア」の保険適用を決めた(日経新聞 毎日新聞朝日新聞)。

 キムリアは「CAR-T細胞療法」向けの薬で、一部の白血病やリンパ腫患者が対象。患者から白血球を採取し、そこから免疫細胞(T細胞)を取り出して遺伝子操作した上で培養することで製造する。適用できる患者は「B細胞」という血液細胞の一種ががん化したタイプの白血病患者(25歳以下)およびB細胞が原因の「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」患者。若年の白血病患者8割で治療効果が見られたという。

 一方で、その公定価格(薬価)は3349万円と高価になる見込み。保険適用となった場合、自己負担は約41万円ほどになるようだ。ただ、投与は1回で済むほか、適用される患者数(見込み)は年間216人と少ないという。

 スラドのコメントを読む | 医療 | お金

 関連ストーリー:
美容クリーム代わりに処方薬の処方を求める人が増えている? 2017年09月14日
高額ながん治療薬「オプジーボ」、国の財政圧迫を理由に緊急値下げへ 2016年11月12日
「保険適用可能な高額な抗がん剤」の是非 2016年05月02日
スギ花粉症に対する治療法「舌下免疫療法」の新薬が保険適用で販売へ 2014年09月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省ノバルティス

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース