地方行財政改革は地域経済再生の前提 安倍首相

2019年5月16日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は14日開いた経済財政諮問会議で、当日の地方行財政改革議論を踏まえて「地方はSociety 5.0時代の到来や人口減少の本格化を見据え待ったなしの課題に直面している」とし「地方行財政改革を推進することは単なる歳出改革や行政効率化ではない」と強調。

 安倍総理は、地方の行財政改革は「住民生活の安定を確保するとともに、地方へのヒト・モノ・カネの流れを強化し、地域経済を再生する上で前提となる取り組みだ」とした。そのうえで、石田真敏総務大臣に対し「Society 5.0時代にふさわしいデジタル・ガバメント化を始め地方行財政改革の取り組みにスピード感を持って推進してほしい」と指示した。

 また金融政策、物価等に関する集中審議での議論を踏まえて、安倍総理は「このところ輸出や生産の一部に弱さが見られており、先行きについても海外経済の動向等に十分留意していく必要がある」との認識を示し「内需の下支えを確保することにより、成長と分配の好循環をしっかりと確保していくことが重要だ」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
就職氷河期世代への対応プラン、夏までにと総理
就職氷河期世代への対応の必要性を強調、総理
経済財政諮問会議の新メンバーに竹森・柳川氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三

広告

写真で見るニュース

  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース