アルプス技研 1 Qは増収増益、営業利益4.5%増、稼働人数及び契約単価ともに上昇

2019年5月15日 19:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:11JST アルプス技研---1 Qは増収増益、営業利益4.5%増、稼働人数及び契約単価ともに上昇
アルプス技研<4641>は14日、2019年12月期第1四半期(19年1-3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比7.8%増の81.71億円、営業利益が同4.5%増の8.91億円、経常利益が同4.4%増の9.09億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同18.6%増の6.83億円となった。

グループの中核である技術者派遣事業では、採用施策の強化、優秀な技術者の確保に加えて、全社を挙げて高稼働率の維持及び契約単価の向上、チーム派遣の推進等の営業施策に取り組んだ。稼働率は高水準を維持し、稼働人数、契約単価ともに上昇した。

2019年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比8.2%増の354.70億円、営業利益が同5.4%増の37.80億円、経常利益が同7.1%増の38.60億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同0.5%増の26.80億円とする期初計画を据え置いている。《MH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース