食育のための絵本定期購読「おりょうりえほん」 クックパッドが開始

2019年5月15日 20:32

小

中

大

印刷

毎月とどく絵本とレシピシールちょう。楽しみながら食について学ぶことができる(写真:クックパッドの発表資料より)

毎月とどく絵本とレシピシールちょう。楽しみながら食について学ぶことができる(写真:クックパッドの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 料理レシピサイトを運営するクックパッド(東京都渋谷区)は15日、食や料理について分かりやすく学べる絵本を毎月1回届ける定期購読サービス「おりょうりえほん」の提供を開始したと発表した。月額500円で、絵本や子供でもつくれる料理のレシピを学べる「レシピシールちょう」が届く。絵本を楽しみながら、子供たちが料理に主体的に関わり、食生活について自ら学ぶ土台づくりができるという。

【こちらも】クックパッドTVが立命館大と連携 食をテーマにした教育プログラム提供へ

 「おりょうりえほん」のテーマは、「興味」「素材」「科学」「親子で」「こどもだけで」の5つがあり、毎月届く絵本を読むことで、5つのテーマを段階的にバランス良く学ぶことができるという。たとえば最初に届く「きょうのごはんなあに?」という絵本は、「興味」をテーマにしており、子供が好きなメニューと材料についてクイズ形式で学び、料理への興味を深める内容となっている。

 一緒に届く「レシピシーちょう」は、シール遊びをしながら料理のレシピを復習できる内容で、会員向けウエブサイトには、子供が調理する様子を動画で見ることができる。こうして繰り返し遊んだり、動画を見たりすることで自然と料理についての知識が身につく。

 このほか、定期購読者には「クックパッドプレミアムサービス」を利用できる特典もある。クックパッドの有料会員サービスで、専門家による毎日の献立やレシピの提案、人気レシピを簡単に検索できる機能などが利用できる。

 同社では、家庭で気軽に楽しく食育ができるサービスを提供できないかと約1年前から準備に着手。実際に100組の親子に「おりょうりえほん」を体験してもらい、意見や要望を聞いてきた。

 サービスを体験した利用者からは「下準備をした食材と本を5歳の子供に渡すと、自分で茶碗蒸しをつくった」「肉とご飯しか食べなかった息子が、大根を取り上げた本を読み、大根が食べられるようになった」といった声が寄せられたという。

 クックパッドは新サービスについて、「社会的に食育への関心が高まっているが、子供に伝える知識や技術に自信のない親も多い。絵本を通じて、子供が毎日の食事に興味を持ち、楽しみながら食べることで、健康的な食生活の基礎を学んでほしい」としている。

関連キーワードクックパッド

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース