国際 RSS

 

イスラエル軍、ハマスのサイバー攻撃にミサイルで反撃

2019年5月14日 21:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 5月3日の抗議デモが発端となり、軍事衝突が続いている中東パレスチナ自治区のガザ地区だが、この衝突の最中、イスラム原理主義組織ハマスからのサイバー攻撃に対して、イスラエル軍が攻撃元に空爆を行ったことが明らかにされた(Engadget日本版Newsweek)。

 この空爆は、イスラエル軍が6日に公式Twitterアカウントで明らかにしたもの(ツィート)。公開された写真の施設には、ハマスのサイバー攻撃拠点が置かれていたとのことで、サイバー攻撃の詳細は明らかになっていないが、イスラエルは攻撃を検知すると即座に空爆を行ったとのこと(空爆の映像)。状況から、イスラエル軍は事前にハマスのサイバー部隊を特定しており、それが素早い攻撃に繋がったとみられている。

 ITシステムが社会インフラとなった現代においては、サイバー攻撃に対して「あらゆる措置をとる」と述べる国は多いが、実際に軍事的手段を取った事が明らかになったのは極めて異例である。ただし、今回の衝突ではハマス側は600発以上のロケット弾を発射し、イスラエル側も320か所以上への空爆を行っているため、サイバー攻撃も当事者にとっては一連の戦闘の一つに過ぎないのだろう。

 なお、イスラエル軍のツィートは「HamasCyberHQ.exe has been removed.」で締めくくられている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 軍事 | セキュリティ

 関連ストーリー:
北朝鮮、サイバー攻撃で5億ドル以上を稼いでいたとの試算 2019年03月18日
国連の民間航空機関、サイバー攻撃被害を隠蔽していた 2019年03月12日
サイバー犯罪で利用されたビットコインアドレス、経済制裁の対象に 2018年12月03日
イスラエル軍、Twitterで「攻撃予告」 2012年11月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイスラエルロケットサイバー攻撃

広告

広告

写真で見るニュース

  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース