東海大、駿河湾で新種の深海魚「ミツバインキウオ」を発見

2019年5月12日 18:29

小

中

大

印刷

発見された新種。(画像:東海大学発表資料より)

発見された新種。(画像:東海大学発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 東海大学の研究グループが、駿河湾で新種の深海魚を発見した。クサウオ科の一種に属するもので、「Paraliparis variabilidens(標準和名:ミツバインキウオ)」と命名され、学界に発表された。

【こちらも】淡水魚「カマツカ」の新種2種、関西学院高等部の教諭が発見

 研究グループに参加していたのは、東海大学大学院生物科学研究科博士課程3年次生の村﨑謙太氏と海洋学部水産学科生物生産学専攻の福井篤教授、髙見宗広講師ら。

 同グループは、2016年11月に東海大学海洋学部の小型艇「北斗」を用いて駿河湾の
水深1,462メートル~1,562メートルの深海を調査、1個体の深海魚を採取した。この標本がミツバインキウオである。

 クサウオ科はカサゴ目に属する魚類で、クサウオ、ビクニンなど29属334種がこれまでに知られている。科名Liparidaeはギリシア語の「liparos(脂肪)」に由来し、クサウオの名は「つまらないもの」を意味する方言に由来するとも、草色をしているからだともいわれる。ビクニンは尼僧に似た外見のためその名があるという。

 すべてが海水魚で、太平洋、大西洋、北極海、南極海にかけ幅広く分布し、浅い海域から深海までと生息域も広い。また日本では、クサウオは福島地方で食用にされる。

 今回発見されたミツバインキウオであるが、歯、ムナビレのかたち、眼球の大きさ、体色などが既知の種とは異なっていたことから新種であると判明したものである。種名は、この種の特色の1つといえる「先端が3つに分かれた歯」から付けられている。

 この研究グループによる駿河湾での新種発見は、2017年のスルガビクニン、2018年のオナガインキウオに続き3例目となる。

 研究の詳細は、英文学術誌『Ichthyological Research』のオンライン版に掲載されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード東海大学

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース