ES File Explorerなど、規約違反としてGoogle Playから削除

2019年5月8日 22:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 百度傘下の中国系ソフトハウスDO Globalが提供している複数のAndroidアプリが、Google Playから削除されたとBuzzFeed Newsが報じている

 削除されたアプリは46にも及び、それらの延べインストール回数は600万回以上にもなるとのこと。以前バックグラウンドでHTTPサーバーを立ち上げていたことが指摘された ES File Explorerなどのメジャーアプリも含まれているようだ。

 これらのアプリには、広告費を稼ぐためにユーザーがアプリを使っていない時でも広告をクリックするようなコードが含まれているそうだ。また、開発元がDO Globalであることを隠しており、これもGoogle Playの規約に違反しているとのこと。

 スラドのコメントを読む | Android | 中国

 関連ストーリー:
Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日
Androidアプリ「ES File Explorer」がバックグラウンドでHTTPサーバーを立ち上げていたことが見つかる 2019年01月22日
EFF曰く、Appleの開発者規約が原因でEFFアプリのiOS版を提供できない 2015年01月11日
ニフティの Android 向け動画アプリ、規約違反によって Google Play から削除される 2012年05月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid百度Google Play

広告