マクドナルド、復活かけた人気3品が名前改め「改名バーガーズ」として登場

2019年5月8日 16:48

小

中

大

印刷

「乗(じょう)かるび」(画像:日本マクドナルドの発表資料より)

「乗(じょう)かるび」(画像:日本マクドナルドの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ニコタマ」(画像:日本マクドナルドの発表資料より)
  • 「レモモモン」
  • 「祝祝(しゅくしゅく)ポテト バター醤油」
  • 「ニコタマフィン」

■「改名バーガーズ」を期間限定発売

 日本マクドナルドは8日より、再販を望む声が多かった「かるびマック」、「たまごダブル」、「アイコンチキン ソルト&レモン」の3品を、それぞれ「乗(じょう)かるび」、「ニコタマ」、「レモモモン」に改名し、「改名バーガーズ」として販売する。発売は以前から予告されていたもので、6月上旬までの期間限定(価格はいずれも税込)。

【こちらも】マクドナルド、「かるびマック」などを改名して期間限定販売

■商品ラインナップ

 ・「かるびマック」改め「乗(じょう)かるび」:単品420円、バリューセット720円
 辛いタレに漬けた“かるび”を、100%ビーフバティの上に乗せたことから、「乗(じょう)かるび」に改名。スイートソースのさっぱり感とレタスのシャキシャキ感で、ビーフのおいしさをさらにアップさせた。

 ・「たまごダブル」改め「ニコタマ」:単品420円、バリューセット720円
 肉汁が豊かなビーフバティ2枚(ニコ)とたまご(タマ)を使っていることから、「ニコタマ」と改名。ベーコンもサンドし、マスタード味が隠し味のペッパーと、オニオンが効いたスパイシーなソースで、ビーフのおいしさを引き立たせている。

 ・「アイコンチキン ソルト&レモン」改め「レモモモン」:単品420円、バリューセット720円
 レモン味のモモ肉が特長だった定番商品「アイコンチキン ソルト&レモン」を、「レモモモン」に改名。バンズにレタス、オニオン、モッツァレラチーズを加えた、満足感ある1品。

■朝マックも改名

 ・「たまごダブルマックのマフィン」改め「ニコタマフィン」:単品350円、バリューセット550円、コンビ400円
 朝マックで販売しているたまごダブルマックを、ソーセージバティ2枚(ニコ)と、たまご(タマ)を使っていることから、「ニコタマフィン」として発売する。

■サイドメニューにも新商品

 サイドメニューにも新商品が登場し、ポテトにバターしょうゆ味を効かせた祝いの「祝祝(しゅくしゅく)ポテト バター醤油(ポテト単品+30円、バリューセット+30円)」、コカ・コーラにシチリア産レモンを使った「開運シトラス コーク(レモン果汁1%)(単品250円)」、さらにソフトクリームを加えた「開運シトラス コークフロート(レモン果汁1%)(単品310円)」を新発売する。

■キャンペーンも実施中

 また日本マクドナルドは9日より、「改名バーガーズ」の生き残りをかけて、Twitterで各商品の人気をはかる「生き残れ!1万RT争奪キャンペーン」を開催。それぞれの商品が1万リツイートを目指してTwitter上で競争を繰り広げるという企画で、参加者には、抽選で各100名、合計300名にマックカード1,000円分をプレゼントする。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードマクドナルドコカ・コーラ

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース