【銘柄フラッシュ】バリューコマースなど急伸しヒューマン・メタボもバイオ材料人気に乗る

2019年4月25日 16:55

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 4月25日は、バリューコマース<2491>(東1)がストップ高の500円高(22.6%高、2714円)となり、業績予想の増額修正などが注目されて上場来の高値(株式分割など調整後)を更新。

 アマノ<6436>(東1)は3月決算と今期の見通しなどが注目されて11.7%高となり、1月につけた上場来の高値に接近。日本航空電子工業<6807>(東1)も3月決算と今期の見通しなどが注目されて10.2%高となり年初来の高値を更新。イビデン<4062>(東1)も3月決算と今期の見通しなどが注目されて9.8%高となり年初来の高値を更新。

 日立化成<4217>(東1)は9.8%高となり、日経電子版「日立が日立化を売却する方針を固めた」との報道などが思惑視されて年初来の高値を更新。

 KIホールディングス<6747>(東2)は16.7%高の454円となり、親会社の小糸製作所<7276>(東1)によるTOB価格455円に一時到達。大興電子通信<8023>(東2)はストップ高の100円高(16.2%高、716円)となり、3月決算の見通しを大幅に増額修正して発表したことなどが注目されて年初来の高値。

 ソケッツ<3634>(東マ)は9.1%高となり、引き続き「感性メタデータ」を資生堂(4911)のグループ会社に提供との発表が注目されて連日大幅高。ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>(東マ)は9.0%高となり、25日付で「エクソソーム精製試薬キットの取扱いを開始」と発表しているため、バイオ株人気が活発な中でこれが材料視されたとの見方。

 医学生物学研究所<4557>(JQS)は18.2%高となり、2日連続ストップ高には届かなかったが、2019年3月期の最終利益の黒字転換と今期の黒字拡大予想などが好感されて大幅続伸。ジェイ・エスコムHD<3779>(JQS)は7.1%高となり、3月決算の予想を大幅に増額修正したことなどが注目されて再び出直りを指向。大塚家具<8186>(JQS)は4.7%高となり、中国のプライベートジェット機や空港のVIPラウンジの内装業務の受託に向けた覚書の締結が注目されて活況高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース