大阪メトロ、顔認証で改札を通れるシステム導入へ

2019年4月25日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

gf1e曰く、 大阪メトロがすべての駅の改札に顔認証システムを設置し、顔写真を登録した利用者が切符やICカードなしで入場できるシステムを構築するそうです(日経新聞産経新聞朝日新聞)。

 今年度から実証実験を開始して、2024年度に全駅に導入するとのこと。処理速度とか、マスク着用時の認識率ってどんなものでしょうか。

 まずはQRコードを使って改札を通過する実証実験を開始し、続いて顔認証システムを導入するとのこと。導入後も引き続きICカードや磁気券(切符)での入場は可能。さらに、駅や地下街の商業施設で顔認証によるキャッシュレス決済を行えるようにすることも計画されているようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | 交通 | プライバシ

 関連ストーリー:
大阪メトロ、多数の誤訳指摘で外国版Webページの公開を休止 2019年03月21日
中国の人工知能スタートアップ、歩き方で個人を特定する技術を開発 2019年03月01日
米人気歌手テイラー・スウィフトのコンサート会場でテロ対策用の顔認証システムが使われる 2018年12月21日
アメリカ自由人権協会、国土安全保障省に顔認識技術の使用状況の公表を求める 2018年10月30日
ワシントン・ダレス国際空港、本格導入3日目の顔認識システムで他人になりすました外国人を発見 2018年08月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキャッシュレス決済大阪メトロ

広告