建設技術研究所は生産性向上のため、社内向けのRPAヘルプデスクを開設

2019年4月24日 16:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■全社でのRPAの導入を促進するため

 建設技術研究所<9621>(東1)は、生産性向上のため、社内向けのRPA(ロボテック プロセス オートメーション)ヘルプデスクを開設した。

 同社では、全社でのRPAの導入を促進するため、支援する窓口としてRPAヘルプデスクを開設した。

 開設した背景には、2017年12月に策定した「ITイノベーション2017」で、ITを活用することにより生産性の向上とコスト縮減を図ることを一つの目標としていることが挙げられる。

 その施策の一環として、RPAの活用について検討を行い、2018年度から本社の定型業務のRPA化に着手した。技術部門、管理部門、営業部門のそれぞれの業務の中で、「ある一定のルールが確立されている定型的な業務」や「大量のデータを扱うため長時間かかる業務」について、RPAを利活用することで、生産性が大幅に向上する。

 そこで、早期に業務効率化を進めるため、社員の取り組みを支援する相談窓口として「RPAヘルプデスク」を4月22日 (月)に開設することとなった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース