Windows 10、May 2019 UpdateがMSDNサブスクライバーに提供開始

2019年4月21日 23:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MSDNサブスクライバー向けにWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)のダウンロード提供が始まったそうだ(Softpediaの記事On MSFTの記事Neowinの記事ZDNetの記事)。

現在Windows Insider向けに提供されている最新ビルドはビルド18362.53 (KB4495666)だが、MSDNサブスクライバー向けに提供されているのはビルド18362.30 (KB4497464)らしい。ただし、Microsoftからの公式なアナウンスや問い合わせへの回答はないという。通常、RTMビルドがMSDNで提供されるのはボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)での提供と同時期だが、18日にはWindows 10 バージョン1903用のWindows 10 SDK正式版(10.0.18362.0)の提供も始まっており、誤って公開されたわけではないようだ。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | マイクロソフト | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Windows 10 May 2019 Updateがリリースプレビューに 2019年04月12日
Windows 10、今春の大型アップデートは「May 2019 Update」 2019年04月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10