Intel、5Gスマホ向けモデム事業から撤退へ

2019年4月19日 22:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが次世代携帯電話網(5G)用のスマートフォン向けモデム事業から撤退する(CNET JapanITmediaEE Times JapanPC Watch)。

 Appleはスマートフォン向けモデムで大きなシェアを持つQualcommと特許使用料を巡って対立していただが、AppleとQualcommはこの訴訟について和解することを発表。これに合わせての発表となった。

 Appleは5G対応iPhoneではIntelのモデムチップを採用すると見られていたが、Intelの撤退とQualcommとの和解により、IntelではなくQualcommのチップを採用することが濃厚となった。

 なお、「5Gネットワークインフラストラクチャー事業」への投資は継続するという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス | Intel

 関連ストーリー:
米ITC不公正輸入調査室、AppleがQualcommの特許1件を侵害しているとITC判事に勧告 2018年06月20日
3GPP、第5世代移動通信(5G)の標準仕様を策定 2018年06月18日
5G通信方式は2017年に実証実験を開始 2016年05月17日
次世代通信5Gの周波数帯が決定、日本案は賛同を得られず 2015年12月03日
総務省、2020年までに第5世代携帯電話を実用化する方針 2014年08月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleQualcommiPhoneIntel

広告

財経アクセスランキング