Windows、月例更新でVIAプロセッサ向けSpectre/Meltdown対策盛り込む

2019年4月19日 22:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 4月9日にリリースされたWindowsの月例更新およびセキュリティ更新プログラムには、VIAプロセッサ向けのSpectre V2およびMeltdown対策が含まれているという(PC Watch)。

 この対策はWindows 7/8.1、Windows Server 2008 R2 SP1/2012 R2向けだが、Windows Serverにおいてはデフォルトでは無効になっているとのこと。無効/有効はレジストリ設定で切り替えられる。

 なお、Windows 10ではバージョン1803向けに同様の対策が含まれているという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows

 関連ストーリー:
上海兆芯集成電路、「第7世代Core i5並みの性能」というx86互換CPUを開発 2018年09月25日
VIA C3に隠し機能が見つかる。一般プロセスでも無制限でメモリやハードウェアへアクセス可能 2018年08月13日
VIAがx86互換CPUの新製品を発表。中国市場向け 2018年01月25日
本来アクセスできないメモリ領域のデータを読み出せる可能性がある脆弱性が見つかる、多くのCPUに影響 2018年01月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10Windows 7Spectre

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース