国際 RSS

 

オランダの医師、自身の精子をドナーからと偽り体外受精 DNA鑑定で発覚

2019年4月19日 11:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 オランダで不妊治療を手がけていた医師が、体外受精の際に提供されたドナーの精子ではなく自身の精子を使っていたことが判明、波紋を呼んでいる(日テレNEWS24BBC)。

 この医師は2017年に亡くなっているが、この「精子のすり替え」によって少なくとも49人の子供が生まれているという。生まれた子供の親が、瞳の色がドナーと異なっていたり、外見がこの医師に似ていることから疑惑が浮上、DNA鑑定が行われて確定したようだ。

 nemui4 曰く、

 これはコワイ実話マッドドクター。この手の治療を受ける場合、検査可能な段階で早めに遺伝子検査しないと安心でき無さそう。罪なき子供らに幸多からんことを祈るのみ。

 スラドのコメントを読む | 変なモノ | 医療

 関連ストーリー:
不妊治療効果があるとうたう体外受精時の「ミトコンドリア注入」、現実には効果や安全性は不明 2017年06月23日
「世界保健機関が、性的パートナーがいない人は障がい者と認めた」というデマが広まる 2016年10月24日
「3人の親」の遺伝子を受け継ぐ体外受精新技術、英国で認可について審議中 2015年02月26日
「若いうちに卵子を凍結して保存しておく」という不妊治療を容認へ 2013年08月26日
今年のノーベル医学生理学賞は『体外受精』に 2010年10月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオランダ遺伝子DNA

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース