テレ東、プロデューサーが「けものフレンズ2」への批判に挑発繰り返し謝罪

2019年4月18日 12:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、  監督が変更となり製作された人気アニメ「けものフレンズ」の続編「けものフレンズ2」だが、視聴者からの批判の声に対して、配信元のテレビ東京のプロデューサーがSNS上で挑発行為を繰り返し、テレビ東京が謝罪するという異例の事態となっているようだ(公式のお知らせITmediaオリコン)。

 この社員について、公式のお知らせでは個人名は挙げられていないが、報道によれば同局のアニメプロデューサーの細谷伸之氏とみられている。「けものフレンズ2」では、人気の高かった1期とは方向性などが大きく変わっていたということで、ファンからの批判が殺到。それに対して、氏は批判を受け入れず、Twitter上で視聴者を煽る様な行為を続けていたという。テレビ東京側は謝罪文の中で「作品に対する評価につきましては、視聴者の方々に委ねられており、制作者は、その結果を真摯に受け止めなければなりません。」と述べている。

 また謝罪文では言及されていないが、氏が別名義のアカウントで前監督やファンに対して荒らし行為を繰り返していたのではないかとの声も出ている(まとめ記事)。公式の謝罪で幕引きとはならないかもしれない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | アニメ・マンガ | インターネット

 関連ストーリー:
第49回星雲賞受賞者が決定、「けものフレンズ」や「それでも町は廻っている」などが受賞 2018年07月25日
人気アニメ「けものフレンズ」で監督・脚本担当のたつき氏が降板、騒動に 2017年09月27日
自動運転車のマンマシンインターフェイスとして有望な「ラッキービースト」 2017年04月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterけものフレンズテレビ東京

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース