ファミマ、「阪大病院店」オープンへ “hearful”テーマに院内ならではの配慮

2019年4月17日 21:15

小

中

大

印刷

「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)

「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「店舗レジ周りイメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)

 ファミリーマートは、大阪府吹田市にある大阪大学医学部附属病院の1階の売店スペースに、「ファミリーマート阪大病院店」を21日7時にオープンする。快適で心温まる優しい店舗を目指す“heartful(ハートフル)”をテーマとして、丸みのあるレジカウンターに、木目調の壁を使った設備や什器を用意する。

【こちらも】ユニー・ファミマHD、持ち株会社制解消し社名を「ファミリーマート」へ

■店舗の主な特長

 通常の店舗で扱う商品に加えて、土産や入院用品、介護用品、療養食のメディカルフードなど、病院内で必要とされている医療衛生品約150種類を揃える。ATMやFamiポートといったサービスも提供。

 院内での多数の出店実績を持つファミリーマートだが、今回は、“癒し”、“温もり”を感じられる“木目調”デザインの什器などを使用。丸みを持たせたレジカウンターや、手荷物置台、杖置き、車椅子で通れる専用のレジカウンターなどにもheartfulの意向は現れている。

 商品の場所を明らかにした表示掲示板・ピクトサインを天井に、従業員の呼び出しボタンを2カ所の出入口付近に設置するなど、院内店舗ならではの配慮も。他にも、車椅子や点滴利用者のために広い通路、転倒を防ぐための繋ぎ目の少ない殺菌や防カビ対策用の抗菌床シートも採用。レジでの混雑を防ぐために、有人レジ7台に加えて、セルフレジ1台も導入する。

■大阪大学医学部附属病院とは

 大阪大学医学部附属病院は1869年に開院。臨床研究中核病院として1,076床の病棟を持ち、高度な急性期医療を担っている。

■院内店舗状況

 ファミリーマートは、全国の病院内で多くの出店の実績がある。最近では2018年6月、山形県鶴岡市の荘内病院の1階に「ファミリーマート鶴岡市立荘内病院店」をオープンした。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードファミリーマート大阪大学セルフレジ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース