JASRAC、サンプリング方式から全曲報告データ用いる「センサス方式」へ

2019年4月17日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が収集した著作権使用料を権利者に配分する際、分配額を統計的に決める「サンプリング方式」を止め、使用された楽曲すべてを元に配分比率を決める「センサス方式」に全面的に切り替えるという(弁護士ドットコムニュース)。

 JASRACでは利用形態毎に異なる分配の仕組みを採用しており、テレビやラジオなどの放送では各放送局が使用した楽曲をJASRACに報告し、それを元に使われた楽曲の権利者に使用料を分配する仕組みになっている。一方でライブハウスやバー、レストランなどの飲食店や宴会場での楽曲仕様については、「統計学に基づいて一部の契約店舗の利用曲目を調査するサンプリング方式」が主流だった(JASRACの「ライブハウスでの生演奏など」ページ)。この場合、利用された楽曲のうち一部のみが調査対象となるため、楽曲が利用されたにもかかわらず著作権料が分配されないことがあるとして権利者からは批判の声も上がっていた

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権 | お金

 関連ストーリー:
JASRACの2018年上半期著作権使用料徴収額、昨年同期比で13億円増加 2018年11月21日
音楽著作権管理会社NexTone、YouTubeと再生回数に応じた著作権料を徴収する契約を締結 2017年09月06日
「爆風スランプ」のファンキー末吉氏、著作権使用料の分配について文化庁に対し上申書を提出 2017年08月21日
「爆風スランプ」のファンキー末吉氏とJASRACとの訴訟、裁判が始まる 2013年12月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

広告