SpaceX、「Falcon Heavy」ロケットの第1段3基ブースターすべてを回収成功

2019年4月14日 19:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

SpaceXは11日、Falcon Heavyロケットによるアラブ連盟の通信衛星Arabsat-6A打ち上げミッション(PDF)をケネディー宇宙センターLC-39Aで実施した(SpaceX Newsの記事Arabsatのニュース記事GeekWireの記事Ars Technicaの記事)。

Falcon Heavyは昨年2月にデモミッションを実施しているが、実際に商用のペイロードを載せた打ち上げは今回が初めてだ。打ち上げが行われたのは東部夏時間11日18時35分。およそ34分後に衛星は予定軌道へ投入され、打ち上げは成功した。

Falcon Heavyロケット第1段は3基のブースターで構成されており、デモミッションではサイドブースター2基のみ回収に成功したが、今回は3基すべての回収に成功した。サイドブースター2基は打ち上げから約7分50秒後にケープカナベラル空軍基地のLZ-1とLZ-2へ着陸し、センターコアは2分ほど遅れて大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」へ着陸している。フェアリングのキャッチは今回も成功しなかったが、2つとも無傷で海上から回収されており、今後のStarlinkミッションで使用する計画とのことだ(イーロン・マスク氏のツイート)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 通信 | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
Falcon 9ロケットから切り離したフェアリングのキャッチ、テストでは成功間近 2019年02月03日
SpaceX、Falcon 9ロケット第1段の再々使用と3回目の回収に成功 2018年12月07日
SpaceX、Falcon 9ロケットから切り離したフェアリングのキャッチに挑戦 2018年02月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロケットSpaceXイーロン・マスク

広告