経済的に困窮し自殺した文系の女性研究者、成果出しても職得られず

2019年4月12日 21:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 朝日新聞が、女性の日本仏教研究者の自殺を『文系の博士課程「進むと破滅」 ある女性研究者の自死』として伝えている。成果を上げても研究職には就けず、経済的に困窮した上での自殺だという(詳細記事)。

 これに対しては大きな反響が出ているが(はてなブックマーク)、いっぽうで「一方的に博士に対するネガキャンをしている」との声も出ている(松岡聡氏のTweet)。

 スラドのコメントを読む | 教育

 関連ストーリー:
スラドに聞け:大学に住んでる人はいますか? 2018年09月10日
政府の「文系大学縮小」方針、方針転換? 2015年09月29日
大学の在り方に対する議論、「G型大学」「L型大学」という区分が話題に 2014年10月28日
理系のほうが文系よりも年収が高い? 2010年08月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース