NY原油:反落で64.61ドル、原油高継続でOPEC加盟国は増産の可能性も

2019年4月12日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:反落で64.61ドル、原油高継続でOPEC加盟国は増産の可能性も
NY原油先物5月限は反落(NYMEX原油5月限終値:64.61 ↑0.63)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日比−1.03ドルの63.58ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは63.31ドル−64.39ドル。世界経済の大幅な減速に対する警戒感は低下しており、石油輸出国機構(OPEC)は減産体制を維持しているものの、需給要因などで原油価格がさらに上昇した場合、OPEC加盟国は増産の可能性があるとの一部報道が嫌気されたようだ。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース