マウス操作だけでAIを構築できる「MatrixFlow」提供開始 専門知識は不要

2019年4月10日 17:09

小

中

大

印刷

(画像: MatrixFlowの発表資料より)

(画像: MatrixFlowの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 AIベンチャーのMatrixFlowは10日、2月から事前登録をスタートさせていたクラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」のβ版をリリースした。MatrixFlowは、複雑なプログラミング等の知識がなくても、マウスのドラッグ&ドロップだけでAIの構築や活用が可能なプラットフォーム。このサービスの提供により、AI関連の人材不足解消や、AI活用の推進を図る。

【こちらも】賃料査定の「スマサテ」、AIによる高精度査定とレポート機能を追加

 将来的に、AIが多くの産業への導入が見込まれる中で、現状では人材不足が最大の課題である。内閣府の発表でも、2020年には先端IT人材で約5万人、一般IT人材で約30万人が不足するとしており、前者で毎年約2~3万人、後者で毎年約15万人を追加育成することが急務としている。

 一方でAIを構築する知識を身につけるには、数学・統計学の知識やプログラミングの知識だけでなく、実際に活用する場面での業界や事業に関する知見も必要とされる。ほかにも基礎学力やコミュニケーション力等、人間としての基礎力も一層問われるようになり、こうしたノウハウを有する人材の確保や育成は難しく、恒常的な人材不足が続いている。

 こうした課題に一石を投じるべく、AIの知見が少なくとも、誰でも簡単にAIを構築・活用ができる「MatrixFlow」が誕生した。

 MatrixFlowは、「学習データの準備」「適用するアルゴリズムの選択」「アルゴリズムを制御するハイパーパラメータの調整」の3ステップだけでAIを構築できるシステム。これらは、ボタン選択とマウスのドラッグ&ドロップだけで作業を進めることができる。AI構築に対する知識レベルや苦手意識のハードルを下げ、AI技術へのアクセシビリティ向上を目指す。2月に事前登録を開始した後、すでに400人以上の登録があるという。

 同社では、17日にMatrixFlowの使い方やAIの活用法などを紹介する講座の開催も予定しており、参加者が少しでも自身の業務にAIを導入するきっかけづくりにし、AIに慣れ親しんでもらいたいとしている。

関連キーワード人工知能(AI)

広告

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース