アウディ・ジャパン、プレミアムコンパクト「A3」に625台の特別限定車発売

2019年4月10日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

1.4リッター4気筒ターボエンジンを搭載するAudi A3 Sportback 30 TFSIをベースに、S lineパッケージなどを装備した「S line dynamic limited」、A3 Sportbackが460.0万円、Sedanが479.0万円

1.4リッター4気筒ターボエンジンを搭載するAudi A3 Sportback 30 TFSIをベースに、S lineパッケージなどを装備した「S line dynamic limited」、A3 Sportbackが460.0万円、Sedanが479.0万円[写真拡大]

写真の拡大

 アウディ・ジャパンは、プレミアムコンパクトの第3世代、Audi A3 Sportback/Audi A3 Sedan にS lineの内外装などを装備したS line dynamic limited(ダイナミック・リミティッド)を、全国の正規ディーラーで発売すると発表した。

【こちらも】アウディ、8世代目となる新型「Audi A6」発売

 Audi A3シリーズは、プレミアムコンパクトのパイオニアとして、そのセグメントにおいて高い人気を誇るハッチバック&セダンモデルだ。全長×全幅×全高4325×1785×1450mm(Sportback)、4465×1795×1390-1405mm(Sedan)という手頃なサイズのボディに、アウディらしさに溢れたスポーティかつエレガントなスタイル、高品質なインテリア、卓越した走行性能などを凝縮したクルマだ。

 今回発売する限定車は、1.4リッター4気筒ターボエンジン(122ps/5000~6000rpm、200Nm/1400~4000rpm)に7速Sトロニックを組み合わせた前輪駆動モデルであるAudi A3 Sportback 30 TFSI/Audi A3 Sedan 30 TFSI sportをベースに、S lineパッケージ、ナビゲ?ションパッケージ、アシスタンスパッケージなどを装備し、さらにAudi Sport専用18インチアルミホイール、マトリクスLEDヘッドライト&ウオッシャー、三分割可倒式リヤシート、ルーフレール(Sportbackのみ)を装備した台数限定モデル。

 Audi A3の第3世代には、全モデルに「アウディ・プレセンスフロント」を標準装備し、レーダーセンサーにより前方の交通状況を常時監視し、緊急時には自動ブレーキを発動するなどして事故を軽減するシステムだ。約10km/h~65km/hで歩行者を、約10km/h~250km/hで車両を検知する。接触する可能性があると判断したときは警告が発せられるとともに、必要に応じてブレーキ操作へ介入する。さらに状況に応じ、フルブレーキを作動させ衝突速度を抑えるため、最大限の減速、衝突の回避、衝撃の緩和を図る。

 限定車のエクステリアカラーは、タンゴレッドメタリック、コスモスブルーメタリック、グレイシアホワイトメタリックに加えて、デイトナグレーパールイフェクトが、今回の限定車専用色として追加されている。販売台数は、Sportbackが375台、Sedanが250台となる。価格はA3 Sportbackが460.0万円、A3 Sedanが479.0万円だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
アウディ・ジャパン、Audi 100以来、8世代目となる新型「Audi A6」発売
アウディ、ミッドサイズSUVの電気自動車「Audi Q4 e-tron concept」を公開
アウディ、ジュネーブショーで、拡大する電動車とPHVのラインアップを紹介

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別限定車Audi

広告

財経アクセスランキング