Visual Studio Codeの公式snapパッケージが公開

2019年4月9日 21:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Visual Studio CodeのMicrosoftによる公式snapパッケージが4日に公開された(SnapcraftのブログVentureBeatSoftpediaOSDN MagazineVisual Studio Codeの更新情報)。

 Visual Studio Codeは2015年にオープンソース化され、2017年にはUbuntuコミュニティーによるsnapパッケージが公開されていたが、Microsoftが公式にサポートするsnapパッケージが公開されるのは今回が初めてだ。最新機能をいち早く試すことができるVisual Studio Code — Insidersも公開されている。snapパッケージを使用すれば40以上のLinuxディストリビューションで利用可能となるためパッケージングに必要な作業を減らすことができ、Visual Studio Codeチームは本体の開発に注力できるとのこと。ユーザーはsnapの自動更新機能により、常に最新版のVisual Studio Codeを利用することが可能になる。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | Ubuntu | マイクロソフト | ソフトウェア | デベロッパー

 関連ストーリー:
Canonical曰く、Snapは大成功 2018年10月23日
PowerShell Core、Snapとしてリリースされる 2018年07月25日
Ubuntu向けのパッケージ配信サービスでマイニングコード入りのパッケージが配信される 2018年05月16日
Canonicalが開発する「snap」アプリケーションパッケージ、ほかの主要ディストリビューションでも利用可能に 2016年06月18日
Microsoft、Windows/Mac/Linuxで動作する「Visual Studio Code」をオープンソースで公開 2015年11月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftLinuxUbuntuオープンソース

関連記事

広告