コーヒーの摂取頻度が多いほど死亡率が低いという調査結果

2019年4月8日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

pongchang曰く、 コーヒーを飲むと総死亡や脳血管死亡や心血管イベント死亡が減るらしい、という論文が発表された(Circulation Journal誌掲載論文)。

 この研究はコーヒーの摂取頻度と死亡率の関係を調査したもので、調査対象は40~79歳の男性39,685人と女性43,124人。その結果、男女ともにコーヒーの摂取頻度と死亡率には負の相関関係があったという。さらに、男性の脳血管疾患および女性の心臓疾患についてもコーヒー摂取頻度と負の相関関係があったという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
米食品医薬品局曰く、発がん性の警告をコーヒーに表示すれば誤った情報を消費者に与えることになる 2018年09月07日
国際がん研究機関、 コーヒーに発がん性はなく、高温の飲み物にはリスクがあるとの研究結果を発表 2016年06月27日
コーヒーや緑茶を日常的に飲むと病気での死亡リスクが減る? 2015年05月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコーヒー