新北本連系設備運用開始、北海道・本州間の連系容量が90万kWに増加

2019年4月2日 23:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 北海道電力が3月38日、北海道と本州をつなぐ送電線設備「新北海道本州間連系設備(新北本連系設備)」の運転を開始した(北海道電力共同通信日経新聞)。

 これによって北海道と本州とでやり取りできる電力容量はこれまでの60万kWから90万kWに増える。

 ただ、これでも不足だという声もあるようで、2015年には新北本連係設備の電力容量不足を理由に三井物産、丸紅、ソフトバンクグループのSBエナジー、北海道電力の4者による北海道・道北地方での送電網建設計画が凍結される事態もあった(環境金融研究機構)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
北海道でバイオガス発電プラント計画の凍結が相次ぐ、太陽光発電と送電容量取り合い 2018年10月10日
9月に発生した北海道全域停電、発電所だけでなく基幹送電線も地震直後に停止していた 2018年10月03日
電力会社による再生可能エネルギーの新規買取、次々と中止に 2014年10月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告