キャッシュレス無人コンビニサービス「600」をマンションに初導入

2019年3月28日 18:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:09JST キャッシュレス無人コンビニサービス「600」をマンションに初導入
キャッシュレス無人コンビニ「600」(ろっぴゃく)を提供する600は、新日鉄興和不動産が、都営地下鉄三田線「板橋本町」駅より徒歩2分の立地に建設中の分譲マンション「リビオレゾン板橋本町ステーションサイド」(2019年7月竣工予定、総戸数95戸)の共用設備として、キャッシュレス無人コンビニ「600」を設置することになった。

「600」は、100社100通りの品揃えを実現するキャッスレスの無人コンビニとして、2018年6月にサービスを開始して以来、半径500mを商圏とするコンビニより10倍近い、徒歩1分圏内の「半径50m」商圏で、最先端の購買体験を東京23区内のオフィスを中心に提供してきた。
無人コンビニを利用している企業に応じて、品揃えをカスタマイズできたり、オフィスビルのエレベーターやランチタイム時のコンビニなどで行列が発生するロスタイムの解消、業務時間の効率化を図っている。
今回、オフィス空間の半径50mから、住空間の半径50mの利便性向上をはかるために、、新日鉄興和不動産が手がける都市型マンションシリーズ「リビオレゾン板橋本町ステーションサイド」内に、共用設備として「600」を設置することになった。
リビオレゾンシリーズ過去最大規模の物件であり、建設・販売中だ。2019年8月からの入居開始時から、「600」は稼働する予定だ。新日鉄興和不動産が現在開発中物件にも、「600」を導入する予定だという。
住空間への「600」の設置概要
オフィス向けに展開していたサービスの特徴は残し、マンション向けには生活必需品のリクエストにも応じるし、住空間の半径50mに最適化した品揃えを提供する。設置する施設の周辺環境や物件タイプを考慮し、品揃えを常に改善していく。
600代表取締役の久保渓氏は、次のように語っている。
「無人コンビニ600は、生活者の徒歩1分圏内の『半径50m』商圏を創出するサービスです。半径500mを商圏とするコンビニより10倍近いという顧客体験を核に、この商圏は今後20年で10兆円市場まで育つと私達は信じています。その中で600は2024年までに1万箇所への設置と年間1,000億円の取扱規模を目指しています。
昨年6月の正式ローンチ以降、オフィスのようなクローズドな環境へ展開してまいりましたが、今回、新日鉄興和不動産との取り組みから、マンションの共用部というセミクローズドな環境へ前進します。新しい環境でも利用者の方に安心して使っていただけるよう、製品の品質・サービスレベルの向上に努めてまいります」
また、新日鉄興和不動産住宅事業本部開発第三部和田浩明氏は、こう述べている。
「分譲マンションをご購入されるお客様のライフスタイルや生活環境は、年々益々多様化なされていると実感しております。日常生活上における最寄品等の商品購買に対する様々なニーズに対応するべく、弊社ではこれまで、宅配ボックス設置の拡充やネットスーパー等との連携を進めて参りました。
しかしながら、マンションの付帯設備として店舗等直接の購買機会をご提供することは、マンション規模や周辺環境に左右されることが専らであり、お客様からのニーズを感じながらも、お応えすることが出来ない状況が殆どでした。
無人コンビニ「600」によりこの状況を打破し、マンション内に僅かなスペースを確保出来れば、購買機会を創出することが可能となります。お客様により良い生活環境、革新的な購買体験をご提供できると期待をし、今次導入を決定致しました。今後も引き続き、600社と連携し導入の展開、及びサービスの向上に努めてまいります」


【ニュース提供・エムトレ】《US》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース