2016年に発売されたAirPodにバッテリー劣化問題

2019年3月27日 22:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Appleは2016年にケーブルがなくコンパクトなワイヤレスヘッドフォン「AirPods」を発表した。AirPodsに対しては賛否両論はあったものの、最終的には多くの人に受け入れられており、ワイヤレス充電対応の新型AirPodsの販売も予定されている。しかし、2016年版のAirPodsを購入した人の多くが、現在不満を言うようになってきているという。

 原因はリチウムイオンバッテリーの劣化にある。Apple Insiderが2016年と2018年版のAirPodを比較してテストしたところ、古いものは2時間16分後に動作しなくなった。これはスペックとして記されている動作時間の半分以下だ。

 企業側は絶対に不可能とはいえないものの、多くの場合、消費者が自分で交換できない構造にしている。その結果、消費者の買い換えサイクルが早まり、高価なAirPodやワイヤレスマウス、Bluetoothスピーカーがゴミ箱に捨てられる結果となっていると伝えている(TheAtlanticSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ハードウェア | 電力 | アップル

 関連ストーリー:
米国・フロリダ州でAirPodsの破裂事故が発生 2018年02月11日
バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題、米当局が証券法違反の可能性を調査 2018年02月04日
バッテリーの取り外しを困難にすることを禁じる米ワシントン州の「修理する権利」法案 2018年01月30日
Apple曰く、ヘッドホンジャックの廃止は「勇気のいる判断」 2016年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple